~逆襲のAFP~

-40代既婚FPがローン返済のために副業としてブログを書いてます-

安西先生…物置が欲しいです。

倉庫 として 自転車 置き場 として 頑丈設計 メタルシェッド S103A

 マイホームを建てるにあたって収納はそれなりに多めにつくったつもりでしたが、子供が大きくなるにつれ、やっぱり足りなくなりますね、収納。

 そもそも家の引き渡しの後に物置は購入する予定でしたが、結局計画していた資金を使い切ってしまったため購入できなかったところなので、こうなるのは目に見えていたとも言えなくないのですが…。

 ちなみにうちの主な収納は

  1. シューズクローク

    f:id:s56530:20200121150248j:plain

  2. 玄関クローク(1帖)

    f:id:s56530:20200121150346j:plain

  3. 玄関・2階物入
  4. 寝室ウォーキングクローゼット(2.5帖)
  5. 各室にクローゼット

 …それなりにありますね。

 でも、子供が大きくなってくると自転車置き場が必要になってくるんですよね。

 そして車のタイヤ置き場。地域的に冬はスタッドレスタイヤが必要になるため、どうしてもその間、はいていないほうのタイヤを置く場所が必要になってきます。

 わかってはいる…わかってはいるんです、必要なのは。。。

 ただ、先立つものが…ないんです。。。

 とりあえず、今はこどもの自転車を玄関クロークにいれ、タイヤを実家の車庫に預けて凌いでいますが、下の子の自転車も買うとなればもう、はいらないこと請け合いです。

 とりあえず、ホームセンターにいってみましたが、やはりどれもそれなりのお値段が…

「やっぱりイ〇バ、100人乗ってもだいじょうぶ!!」

も、ありましたし、タクボさんとか、あと三角屋根がかわいいマツモト物置さんも捨てがたい・・・。

 でも本体の値段にプラスして組み立てと設置工事費が必要になるので、結構な金額になるんですよね。

 物置の設置場所(砂利なのかコンクリなのか等)によって基礎工事の内容も変わったりするので、これに関しては現地見て見積りをとってみないとわからないし、なかなかの金額がかかっちゃうんですよ。

f:id:s56530:20200121145531j:plain

↑↑↑三角屋根がかわいいマツモト物置。マツモト物置さんは他の物置メーカーさんとは一線を画すようなデザインにこだわったかわいい物置を出してるメーカーさんですね。

〇マツモト物置さんのHPはこちら⇒http://www.matsumoto-monooki.jp/

f:id:s56530:20200121145910j:plain

↑↑↑どんな物置でもそうですが、本体価格のほかにアンカー工事費等が別途かかります

 そんな訳で今もホームセンター回りをしながらコスパも見た目も良い物置を現在進行形で物色中です。

 住宅建築をお考えの皆さまは、「玄関クローク広くすれば物置いらないんじゃね?」とは考えず、予算計上の際に物置の購入費を上げておくようにしましょうね。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓↓マイホームに関する過去記事はこちらです。よければお読みください。

www.financial-plan.work

続きを読む

ウォッチフェイスで季節や行事を取り入れた着こなしにする~スマートウォッチ活用術2~

f:id:s56530:20200117230859j:plain

 腕時計に必要なものとは?

 スマホ等のデジタルガジェットでも時間が確認できる今の時代、この問いは個人によって答えが違います。

 1つは「ステータス」。どんな機能・デザインの時計をしているかではなく、どこのブランドの時計をしているか、これに重きを置くということですね。

 まぁ、時計って高いモノいっぱいありますからね。

 お金のある男性は車と時計にお金使いがち、ですよね。

 もう1つは「機能」。山登り用やスキューバ用等、用途に応じてその機能がある時計をチョイスするということですね。

 かくいう私も機能派です。(まぁ、高級時計を買うお金がないとも言えますが…)

 まぁ、私が求める機能は耐水とかGPSとかじゃなくてスマホと連動して各種通知等を確認できること、なわけなんですけどもね。

 ↓↓↓スマートウォッチの通知機能について書いた過去記事はこちら。

www.financial-plan.work

 でも、私が使っているFOSSILのスマートウォッチではそれ以外にもウォッチフェイス(文字盤)の変更ができるので、ファッショナブルにも、より機能的にも変化を遂げることが出来るので用途に応じて変更して使っています。

 ここではお気に入りのウォッチフェイスを紹介したいと思います。

眼を引くデザインで遊ぶ

f:id:s56530:20200117230751j:plain

↑↑↑ヒゲのデザインがかわいいですね。意外とカチッとしたスーツにこれだとピンポイントで外してる感じで良いです。

f:id:s56530:20200117230731j:plain

↑↑↑レコードプレーヤー風。レコードの針部分が動いたりして見た目にも楽しいです。

f:id:s56530:20200117230838j:plain

↑↑↑メカニカルなウォッチフェイス。時間がわかりにくいですね。(苦笑)

シンプルに「こ洒落る(こじゃれる)」

f:id:s56530:20200117230816j:plain

↑↑↑モノクロで色使いこそシンプルなデザインですが、ちらっと見えた時のインパクトはなかなかです。

f:id:s56530:20200117230706j:plain

↑↑↑デジタルでアナログなテイストを出す楽しさ。日にちや電池残量なんかも何気に見やすくて迷ったらコレにしがちです。

さらに飽きてもウォッチフェイスのダウンロードが可能

 さらっとお気にいりのものを紹介しできましたが、これ以外にもプレインストールされていますし、季節のウォッチフェイスが提供されることもあります。

f:id:s56530:20200111055516j:plain

↑↑↑冬に配布された雪だるま。雪も降ります!!

 また、それでも飽きた・気にいるものがないという場合は、「Playストア」からダウンロードが可能なので楽しみは無限大、きっと気にいるものがあると思います。

 季節の行事毎にそれにちなんだデザインの時計を買うことはお金もかかるので一般人には無理な話ですが、スマートウォッチであれば無料で好きな時に好きなデザインに変更ができるので、とても得した気分です。

 あなたも、腕時計に季節をとりいれて、少し「こ洒落て(こじゃれて)」みませんか?

↓↓↓スマートウォッチに関する別記事はこちら。良ければお読みください。

www.financial-plan.work

続きを読む

多忙な40代男子のスケジュールをスマートウォッチとカレンダーアプリで管理する~スマートウォッチ活用術~

f:id:s56530:20200115083608j:plain

 仕事場では、プロジェクトのリーダーやまとめ役として、家庭では家事に育児に子供の行事に…と常に何かに追われている40代男子にビジネス・プライベート共通のスケジュール管理は必須です。

 間違って子供の行事と仕事がかち合ってしまったりしたら、今の時代、離婚の原因にもなりかねませんからね…。(考えただけで背筋がぞくっとします…。)

 仕事のタスク管理、会議の日程調整、いろいろな行事を一元括管理して、かつそれを忘れないよう1日前や開始直前に誰かが教えてくれれば…この問題を私はスマートウォッチとカレンダーアプリで解決しています。

 今回はLINE通知や健康管理、ライフログだけではない、スマートウォッチの活用方法を紹介したいと思います。

 イベントは卓上カレンダーに書き込むよりもgoogleカレンダーに書き込んだ方が色々と便利

 私も昔は仕事の予定を卓上カレンダーや手帳に記載していました。

が、その場合、卓上カレンダーに書いて、手帳に書いて、あとは家のカレンダーに書き込んで…と同一のスケジュールを数か所に書き込む必要があり、とても手間でした。

 しかもどれかに書き込み忘れた場合、(主に妻への)情報の周知が図られなかったり、行事が重複するリスクがありました。

 実際、私も何度か行事を忘れたり、行事が重複したりとスケジュール管理が上手くできないことがありました。

 そこで、上記問題の解決のため、googleカレンダーにビジネス・プライベートすべてのスケジュールを入力し一元管理することで、情報を整理することにしました。

 このお陰で自分が知りうる行事等についてはすべて網羅され、自分が確認・調整してセッティングする行事については重複することがなくなりました。

f:id:s56530:20200115081646j:plain

↑↑↑日にちだけではなく、時間も入力可能。また、カレンダーに表示されるタイトルだけでなく、別に詳細も記録することができる。長期にわたるタスクについては複数日の行事として入力しておき、詳細にやることを箇条書きにしておけば処理漏れも無くすことができる。

スマートウォッチがイベントが近づくとお知らせしてくれる

 googleカレンダーでスケジュールを一元管理することで予定が重複することはなくなりましたが、仕事に忙殺されていると予定していた会議や作業を忘れてしまうのが40代。

 そこで活躍するのがスマートウォッチの通知機能

 googleカレンダーからの通知を「オン」にしておけば、指定したタイミング(5分前、10分前など)で通知してくれるので、スマートウォッチが表示と振動で教えてくれます。

f:id:s56530:20200114160158j:plain

↑↑↑googleカレンダーに予定していたイベントが近づくと通知を受信し、振動とタイトル表示でお知らせしてくれる。タイトルにタッチすれば記録していた詳細も確認することが可能だ。

  詳細に会議室の場所や準備物等を記録しておけば事前準備を万全に済ますことができるので、とてもスマートに会議に臨むことができます。

家族とのスケジュール共有にはアプリを活用しよう

 家族とのスケジュールの共有にはカレンダー共有アプリを使うと便利です。

 カレンダー共有アプリとは、その名のとおり、アプリ上のカレンダーをメンバーで共有し入力・確認ができるというもので、例えばメンバーに家族全員を登録しておけば、その全員がそのカレンダー上にイベント等を入力できるようになり、メンバー全員でそのイベントを確認できるようになる、という機能をもったものです。

 私は「Time Tree」を現在使用しています。

f:id:s56530:20200115110356j:plain

f:id:s56530:20200115110522j:plain

↑↑↑複数の共有カレンダーをつくることができ、共有するメンバーをそのカレンダーごとに設定することができる。

f:id:s56530:20200115110839j:plain

↑↑↑googleカレンダー等と同期させることで、共有カレンダーの予定とgoogleカレンダーの予定をマイスケジュールとして一括して表示させることができる。上記だと「緑色が共有カレンダーの情報(共有)」、「オレンジ色がgoogleカレンダーの情報(非共有)」が一括して表示してある。

 このアプリを使うことでビジネス・プライベートどちらのスケジュールも1画面で確認できるので仕事と家庭の行事のかち合いも防げ、かつスマートウオッチへの通知も可能なので会議にうっかり参加し忘れる…ということも防ぐことができます。

年齢とともに忘れっぽくなっていく40代には必須のガジェット⇒「スマートウォッチ」

 と、いうことでカレンダーアプリとスマートウォッチで40代からありがちな「うっかり忘れ」を未然に防止することで、仕事も家庭も安泰に、かつスマートに過ごしていただければと思います。

 ちなみに私が今使っているスマートウォッチはこちら(色はちょっと違いますが)です。iphoneユーザーではありますが、ライン通知受信や内容の確認もでき、かつ見た目が美しいので気にいっています。

  使用感等については下の記事にまとめてありますのでよければお読みください。

www.financial-plan.work

  以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 スケジュール管理や「うっかり忘れ」にお困りの方はぜひお試しください。

 

↓↓↓おススメのガジェット紹介記事にはこんなのもあります。よければお読みください

www.financial-plan.work

続きを読む

「老後に二千万円必要」はウソ? 制度を知り賢く計画を立てましょう

2,000万円本当に必要?

 少子高齢化が進み、人口減少社会に突入した現代ニッポン。誰もが将来の漠然とした不安を抱えていることでしょう。その中でも大きいのが「老後の不安」ではないでしょうか。

 老後資金といえば、昨年は「年金以外に老後資金として2,000万円必要」とされた報告書が金融庁から公表されたことが話題となりました。「老後までに2,000万円も貯蓄できるわけがない」「年金は事実上崩壊しているのでは」などと社会的な議論になりましたが、本当に誰もが2,000万円も必要なのでしょうか。

 答えは「NO」です。

 まぁ、冷静に考えればわかる話ではあるのですけれどね。

↓↓↓以前に報告書について深堀した記事はこちらです。

www.financial-plan.work

www.financial-plan.work

www.financial-plan.work

www.financial-plan.work

2,000万円はさておき、貯えは当然必要となる

 いろいろと誤解の多い金融庁の報告書ですが、すべての人に老後資金2000万円が必要と言っているわけではありません。対象データである平均的な収入・支出モデルの家庭の場合、その生活レベルを維持したいなら2000万円が必要と言っているだけです。

 そもそもこれは老後生活のシミュレーションのひとつにすぎず、必要なお金は家庭によって全く変わってきます。結婚しているのか、子どもはいるのか、いたら何人なのか、持ち家なのか賃貸か、どれくらいの生活をしたいのか。一律に2,000万円なんて単純な話ではないんですよね。

 でも、老後の心配はする必要はない……と言えば、やはりそうは言えません。

 必要な金額はライフプランによって異なりますが、老後に備えが必要ということには違いはありません。金融資産については、株価が停滞していることもあって全体的に減少傾向にあるのですが、実は運用益に課税されないNISA(少額投資非課税制度)の額は増えている状況があります。つまり、それだけ非課税枠を上手に利用して老後に備えようという人は増えてきているということなんですよね。

 皆さん、意外とちゃっかりしてますね。(笑)

 ではその辺の制度まわりを確認していきましょう。

 まずは年金についてです。

 年金制度は崩壊しないけど確実に支給額は減っていく

 日本の公的年金制度は、現役世代が収めた保険料が現在の年金受給者への給付にあてられる賦課(ふか)方式です。しかし少子高齢化が進み、保険料を負担する現役世代の人口が減り、逆に給付を受ける高齢者は増加の一途をたどっているため、「年金制度はこのままで大丈夫なのか?」と不安に思う人もいるでしょう。

 結論から言えば、年金制度が崩壊する、なんてことは起こりえませんマクロ経済スライドといって、人口動態や平均余命の伸びなどの社会情勢に合わせて年金の給付水準を自動的に調整する仕組みが導入されているからです。よって、現在の若者が高齢者になったとき、年金を受け取れないということはありませんが、年金の減額、または年金受給開始年齢の引き上げは大いにありえます。

 2025年には、日本の全人口における65歳以上の高齢者の割合が30%を超えると言われています。一方で出生率の低下は歯止めがかからず、2019年の国内出生数は86万4000人(推計値)。前年比で5.92%減と急減し、1899年の統計開始以来、初めて90万人を下回りました。年金制度は崩壊こそしないものの、現行と同じ条件で支給されることはなさそうです。

 それでは、私たちの老後は何歳あたりからの支給になりそうなのでしょうか。

 現在は原則65歳からの支給となっていますが、これは他の先進国と比較しても早すぎます。欧米では既に67~68歳に引き上げることが予定されており、日本の場合平均余命も長いですから、70歳まで引き上げられることは確実とみられています。(衝撃の事実…)

 ただ、そのぶん社会全体としても高齢者も働く、雇用するという方向にかじを切っていてますので、年金が受給できる年齢まで働ける(働かなくちゃいけない)環境にはなってきていますよね。

 まぁ、できればそんなに働きたくはないですけどね…。

じゃあ、どうやって貯えよう~iDeko(イデコ)のすすめ~

 まず考えるべきは、税優遇の制度や仕組みを上手に活用することです。例えば個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」公的年金にプラスして給付が受けられる私的年金制度で、掛け金がそのまま所得税の控除になり、住民税も軽減されるなど税制優遇を受けられます。運用益にも非課税で、メリットの多い制度です。

 ↓↓↓以前「iDeCo(イデコ)」について書いた記事はコチラです。

www.financial-plan.work

  他にも、NISAも最長5年間、年120万円まで運用益に税金がかかりません。通常であれば運用益には約20%の税金がかかりますので、投資を始めるならまずこういったところから始めるのがいいかもしれませんね。

まとめ

 老後に2,000万円の資産が必ず必要となるわけではありませんが、貯えが必要となるのは確実です。

 充実した老後、思い描く第二の人生を歩むためには先立つモノが必ず必要となってきます。40代男子としては、今のうちからしっかりと資金計画をたて、老後のための資産運用を行いながら、その時に備えたいですね。

 そのためには、まずはライフプランの設定と現状の分析が必要となってきます。

 自分で行うも良し。FPなどの専門家に依頼するも良しなので、まずは、老後に向けて現状分析から一歩踏み出してみましょう!!

www.financial-plan.work

www.financial-plan.work

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きを読む

surface laptopは40代男子の所有欲を満たしてくれる

f:id:s56530:20200113012338j:plain

 スマホタブレットでインターネットを使用することが多くなった昨今。

 しかし、仕事で使うとなればやはりキーボードが付属したPCに勝るものはありません。

 働き方が多様化している現代で、場所を問わず使用できるノートPCは仕事の効率化に欠かせないですよね。

 そんなノートPCの中で、40代男子の所有欲を満たしてくれる”それなりの高級感”をもったPC=「surface laptop」を今回は紹介したいと思います。

surface laptopのスペック

マイクロソフト Surface Laptop 3 13.5インチ/ Office H&B 2019 搭載 /第10世代 Core-i5 / 8GB / 256GB / プラチナ (ファブリック) V4C-00018

マイクロソフト Surface Laptop 3 13.5インチ/ Office H&B 2019 搭載 /第10世代 Core-i5 / 8GB / 256GB / プラチナ (ファブリック) V4C-00018

ブランド マイクロソフト
商品重量 1.29 Kg
梱包サイズ 30.8 x 22.3 x 1.4 cm
電池: 1 リチウムイオン 電池(付属)
製造元リファレンス V4C-00039
カラー ブラック ←選択可
商品の寸法 幅 × 高さ 22.3 x 1.4 cm
画面サイズ 13.50 インチ
CPUブランド インテル
CPUタイプ Intel Core i5
CPU速度 1.20 GHz
プロセッサ数 4
RAM容量 8 GB
HDD容量 256 GB ←選択可
ハードディスク種類 SSD
ハードウェアプラットフォーム Windows
OS Windows 10
リチウム電池 2 watt_hours
リチウム電池パック 電池付属
リチウムイオン電池 2

個人的 レビュー

f:id:s56530:20200113012159j:plain


 外出時や自宅でのセカンドPCとして購入し2年ほど使用しておりますが、高い買い物ではなかったと思っております。(上記写真が筆者の私物。surface laptop2)

良かった点

  • 高級感がある

f:id:s56530:20200113014816j:plain

 高級感だけで言えばアップル社製品に軍配があがりますが、仕事のことを考えるとやはり"windows"。液晶背面の”ロゴ”と高級感のある質感は、コスパだけを優先したPCと一線を画しています。

f:id:s56530:20200113012214j:plain

 キーボードにはAlcantara(アルカンターラ)素材を使用しており、何とも言えない肌触りと高級感を演出しています。ただし、汚れると掃除しにくいというレビューもあります。(筆者はまだそこまで汚していないので気になってはいません。)

  • 持ち運びにも耐えられる重さ

 出張時等持ち運びをする際、気にしておかなければいけないのが重さ。ちょっとの差でも長時間持ち続けると少しずつ体力が奪われていきます。

 surface laptopはめちゃ軽いというわけではありませんが持ち運びに耐えられるレベルの重さです。

  • laptop=キーボードの取り外しができないが故の安定感

 一見キーボードが取り外せるsurfaceの方が優位に思われがちですが、新幹線等で使用する場合、laptopの方が液晶がキーボードを土台として自立するので安定感があり、かつ場所をとりません。

 自身の膝にのせての作業も可能です。

 surfaceの場合、液晶背面のスタンドで自立する形となるため、場所を取り、かつ安定しません。

  • 起動が早い、かつ簡単

 SSD(ソリッドステートドライブ)を採用しているため、HDDとは比べ物にならないほど立ち上がりが早いです。電源をいれてから10秒程度でサインインまでいくでしょうか。そこから顔認証機能を使ってパスワードを打つこともなく起動が完了するのでストレスがありません。

悪かった点

  • USBポートが1箇所しかない。

f:id:s56530:20200113012252j:plain

 無線機能やクラウドを利用することを想定してなのか、USBポートが上記写真の箇所にしかないため、USBメモリ等を複数個使用する際はUSBハブ等を別付けする必要があります。これは地味に不便です。

  • DVDドライブがない

 データをDVD等で渡されても再生することができません。必要であればこれも外付けする必要があります。

  • それなりに高い

 性能だけをみれば他社製品で同程度のスペックのものが安価に販売されていますのでコスパが良いというわけではありません。

総評~機能だけでなく見た目も求める40代男子の所有欲を満たしてくれる逸品~

 機能だけでなく、所有するものに「美しさ」「格好良さ」も求める人にはおススメです。これなら某高級コーヒーショップで仕事をしていても様になりますし(笑)、プラの安っぽい業務PCでは気分の乗らない仕事でも、少し前向きに、かつ、クリエイティブに取り掛かれそうな気にさえなってきます。

 何よりも見た目が「美しい」ですし、キーボードも打ちやすく、何気にタッチパネルも採用していますので、マウスが使えない場面で意外と重宝してくれます。

 私個人としては、今まで買ってきたPCの中では断トツの満足度です。常にバッグの中にいれて持ち運んでいますし、家でも子供が寝たあとにリビングやダイニングなど場所を問わずに使えるので重宝しています。

 少し高い買い物になるかもしれませんが、それに見合う満足度を提供してくれる”逸品”だと思いますので、PC購入を検討している際は、是非候補の1つに入れてみてください。

 以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 ↓↓↓おススメガジェットのほかの記事はこちらです。興味があればぜひご覧ください。

www.financial-plan.work

続きを読む

FOSSILのスマートウォッチはラインの通知も見逃さずとても便利

f:id:s56530:20200111055527j:plain

  プライベートのみならず、ビジネスのシーンでも活用されているライン。

 でも40代男子としては会議や事務所でおおっぴらにスマホを手に持ってチェックするのはやっぱり少し気が引けます。

 ただ、そうこうしているうちにラインの着信に気づかず様々な機会を見逃してしまっているかも…。

 そこでスマホを取り出さずにラインや様々な通知を確認できるスマートな方法がないか検討した結果、たどり着いたのがスマートウォッチでした。

 ということで、様々なスマートウオッチを購入・使用して約6年ほどの筆者が今現在3年ほど使用している「FOSSIL スマートウォッチ」のレビューをスマートウォッチの利点を交えて行いたいと思います。

スマートウォッチは実際どれがいいのか

 今、アマゾンやその他ネットショップで「スマートウォッチ」を検索するとかなりの種類のスマートウォッチが販売されていることがわかります。

  今、アマゾンでさっと検索するとこんな感じのものが売られています。

  スポーツに特化したもの、健康に特化したもの、値段についても様々ありますね。

 私はスマートウォッチ購入のそもそもの目的が「ラインの通知を見逃さないようにしたい」だったので、初めはネットショップで2,000円台のものを購入して着用していました。

 2,000円台の比較的安価なスマートウォッチ(あまりいい評価ではないので商品名は記載しませんが)では「着信時に着信通知がスマートウォッチ上に表示される」だけでその内容は確認できませんでしたが、見逃しは格段に減ったので当初の目的は達成できました。ですが、端末OSの更新等の影響なのか、数か月すると通知を受信することが出来なくなってしまい、目的の達成が困難となってしまった為、新たなスマートウォッチを購入することとしました。

 2台目も機能的には1台目と同様に「着信時に着信通知がスマートウォッチ上に表示される」ものを8,000円程度で購入しましたが、こちらも数か月で(1台目よりは持ちましたが)通知が受信できなくなってしまったため、使用を断念しました。

 そこで、私はiPhoneユーザーでもあったので、1・2台目より値は張るのですが「アップルウォッチ」の購入を検討したのですが、その過程でFOSSILのスマートウォッチを知り、友人がその販売や使用をしていたこともあって、機能・ルックス・コスパを比較検討した結果、「FOSSIL スマートウォッチ」を購入することとしました。

アップルウォッチとFOSSILスマートウォッチの比較

価格

apple watch series5          42,800円

FOSSIL スマートウォッチ     29,040円

 ※価格は2020年1月12日現在の公式HPより

機能

apple watch series5

 通知の受信・内容が確認できるのは当然として、通話も可能。

FOSSIL スマートウォッチ

 通知の受信及び内容の確認可。通話は不可能。

ルックス

apple watch series5

Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L

Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L

[フォッシル] 腕時計 FOSSIL スポーツスマートウォッチ FTW6025 レディース 正規輸入品 グレー

[フォッシル] 腕時計 FOSSIL スポーツスマートウォッチ FTW6025 レディース 正規輸入品 グレー

 機能については公式HPの1番安いタイプで比較した結果ですが、iphoneユーザーであればアップルウォッチのほうが互換性がよく通話もできるため優位ですね。

 ただ、通話もしなければいけない状況の場合は結局事務室等から移動して行うことになるので私としてはあまり魅力を感じませんでした…。

 価格についてはシリーズにもよりますがFOSSILの方が比較的安価です。

 ルックスは対照的にディスプレイが四角と丸形で好みがわかれるところですね。

 私としては時計としての見た目を考えた時に、円形のほうが魅力的に感じました。

FOSSILスマートウォッチレビュー

f:id:s56530:20200111055552j:plain

良かった点:
  • ディスプレイ表示及び受信時の振動で通知の受信をお知らせしてくれるのでライン等通知の見逃しが格段に減った。
  • ライン等の通知の内容までディスプレイ上で確認できるため、仕事中でも確認ができるようになった。
  • 設定で歩数等も表示でき、その日、どの程度の運動が日常の中で行われたかが簡単に確認できるようになった。
  • ディスプレイのデザインが簡単に変えられるし、オシャレなものが結構ある。
悪かった点:
  • ディスプレイ右脇の中央のボタンで設定等を呼び出せるが、左手に着用している場合、机等に手をついた際に誤って押されてしまう。⇒右手に着用することに
  • 服や物との接触でいつのまにか「ライト」機能がオンになっている時がある。
  • バッテリーが約1日しか持たないため、毎日帰宅後に充電が必要。
総評:

 上記に挙げたとおり改善や使用に工夫を要する点もあるのですが、当初の目的である「ライン等通知の受信を見逃さない」ことは完全に達成しており(3年で受信できてなくなった事無し)満足しています。

 また、ウォッチ上で中身を確認した場合、既読がつかないのも案外いいかもしれません。「既読スルー」になりませんからね。

 さらに個人的には歩数計機能が意外とうれしかったですね。仕事で結構あるいた日には「こんなに歩いてたんだ、俺!!」的に感動できました。

 また、見た目的にもディスプレイのデザインが変えられるので季節にあったものに変えたりする楽しみがあり、飽きがこないのでおススメですね。

 さすが、FOSSIL。そもそもファッション系の会社なのでその辺は抜かりがないです。

f:id:s56530:20200111055622j:plain

↑↑冬にはこんなスノーマンのディスプレイにしてもかわいくおしゃれに決まります。

 ということで、私的にはFOSSILのものをおススメしているところですが、スマートウォッチ自体が”買って損はない”ものだと思っておりますので、購入を検討している方は、スマートウォッチ、是非使ってみてくださいね。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きを読む

明けまして逆襲のスタートです。

f:id:s56530:20200109231126j:plain

今週のお題「2020年の抱負」

 皆様、明けましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いいたします。と、いいますか、お久しぶりですね。そう、久々の更新なのです。

 本業が様々な要件から大忙しになってしまいまして、しばらく更新することができませんでした…。

(人は仕事に追われると余裕がなくなって少しずつ優先度の低いものから後回しに、または棚上げしていくものだと改めて思い知らされました…。)

 ということで、それを踏まえまして、今年の抱負というか目標は、

  1. ブログを定期的に更新する。
  2. 魅力ある記事を投稿できるようライティングセンスを磨く。
  3. 好きなモノ(者・物)に惜しみなく愛を注ぐ。(照)

 とし、日々精進していきたいと考えています。

 もう少し具体に触れていきますと、1は言わずもがな、一度挫折してしまったブログの再稼働です。本業も大分落ち着きを取り戻してきましたので、今年は毎日、キーボードをポチポチしていこうかと思っております。

 2も1と同じくブログに関してですが、再稼働前の記事については、FPとしての視点に立ちすぎていて、文章が固く、読んでいて面白味があまりなかったかな~…と今読み返すと感じましたので、その反省を踏まえ、今年はもっと素の自分に近い文体で、かつ少しでも読みやすく面白い文章が書けるよう努力できればいいな、という思いからあげさせてもらいました。

 そして3なのですが、これは「シノジィの法則」(どっかで聞いたことが?気にしないでくださいねw)に基づきあげたものです。それは…

 「大切なモノは大切にするから大切なモノになるのであって、大切にしなければ大切でなくなっていくものなんだなぁ。   しのじ」

 というもので、例えば、「神様はそれを崇める人々がそれを”神様である”として大切に扱うことで神様という”神格”を獲得する」ものであって、だれも崇めず敬わなかった場合、例えそれが本当に神様だったとしても、人はそれを神様だとは認識できませんよね?つまりその場合、神様は人々にとっては”神様”ではなくなってしまう訳です。

 それと同じで、自分にとって大切な者(物)だったとしても、そのモノを大切に思いそのように接していかなければ、やがて大切に思っていたはずの自分の思いもいつのまにか消えさってしまい、いつしかそれ自体が大切なモノでなくなってしまう…ということを言いたかったのですが、伝わりましたかね(汗

 当たり前のことなんですけど、少しずつそういったことに無頓着になっていた自分がいたので、今年は大切なモノに”意識して”愛を注いでいきたいと思っています。

 

 さて、今年の抱負につきまして、ここまでつらつらと書かせていただきましたが、お気づきの方もいるかもしれませんが、ブログ再稼働にともない、ブログタイトルを変更いたしました。

 「~逆襲のAFP~」(なんか赤い色の大佐がチラつくタイトルですねw)として、心機一転がんばっていこうと思っております。

 皆様、改めまして今年もよろしくお願いいたします。

~追伸~

 そんな、わたしの気持ちが天に通じたのか、今年の初詣にて引いたおみくじはなんと

 大吉!!

でございます!!(ひっさびさ~。)

 この10年ぶり位に引き当てた”吉”とともに、ブログ(の収益化)に再挑戦していきたいと思います!!

続きを読む

今年も半分終わり!!振り返りと今後の目標について語りませんか

f:id:s56530:20190629011612j:plain

↑↑↑「龍の松」で有名な気仙沼市波路上岩井崎にある公園にて撮影。

今週のお題「2019年上半期」

 今週で6月も終わりですね。

 つい先日まで雪が降っていたかと思っていたのですが、なにがしかのスタンド能力的なもので「時がふっとばされた」のか、もう近頃はじめじめな感じの暑さが続いてますね。。。私はクールビズが解禁になったということで最近はポロシャツで仕事に行く毎日です。

 ということで、今回は、今年の上半期を振り返り、下半期の目標を考えていきたいと思います。

 内容については、FP的に資産管理的なところも含めながら、と思ってはいますが結局は子供とどこいったか・・・みたいな話になるかもです。(爆)

主な出来事

1月:お正月・・・実家で甥・姪と遊ぶ。おみくじの結果はいまいちでした。
2月:節分・・・子供の絵で成長を実感。

f:id:s56530:20190525113712j:plain

↑↑↑大分上手くなりました♪

3月:長男が「オセロ」にハマる。(現在も継続中)
4月:「ARABAKI ROCK FES 19」参戦。まさかのインタビューが地元紙に載る。

f:id:s56530:20190525113746j:plain

↑↑↑子供2人をつれての移動はかなり疲れました。。。

5月その1:GWに宮城県石巻市にある「石ノ森漫画館」へ。しかし、人がいっぱいいすぎて入館は諦める。

f:id:s56530:20190629012831j:plain

↑↑↑「石ノ森漫画館」で活躍する「シージェッターカイト」と記念撮影。

f:id:s56530:20190629013317j:plain

↑↑↑GW+仮面ライダージオウのショウが相まってものすごい人が!!入館は泣く泣く諦めることに・・・

5月その2:母の日のプレゼントで嫁、号泣。

f:id:s56530:20190515100104j:plain

↑↑↑ひらがなが書けるようになった長男からの手紙に感動!!

5月その3:岩手サファリパークへ

f:id:s56530:20190629013609j:plain

↑↑↑なぜか広場においてある恐竜の骨!?もちろん「マガイモノ」です。(笑)

f:id:s56530:20190629013851j:plain

↑↑↑後ろにライオンがぁぁぁあああ!!!草食動物にエサもあげられますよ♪

5月その4:行く理由がなくて行ったことがなかった宮城県気仙沼

f:id:s56530:20190629014409j:plain

↑↑↑「龍の松」で有名な気仙沼市波路上岩井崎にある公園。「磯遊び」ができます。

f:id:s56530:20190629014707j:plain

↑↑↑こちらは気仙沼「海の市」にある「シャークミュージアム」。値段の割には・・・かもです。。。

f:id:s56530:20190629014843j:plain

↑↑↑こちらも気仙沼「海の市」にある「氷の水族館」。室内はー20℃で、魚が凍った状態で見られます。こちらは子供達も非常に楽しんでいました。

6月その1:保育参観・・・長男が給食当番をきちんとやっていることに驚く。(家ではあんなに何もしないのに(苦笑))
6月その2:父の日・・・マリーゴールドの花を子供たちに貰いました。

f:id:s56530:20190629015555j:plain

↑↑↑上の花が子供から貰ったもので、下のイラストは「注意喚起」のために私が書いた「ご飯を手で食べない」イラストです(笑)。今も、ダイニングテーブルに貼ってあります。効果は・・・まぁまぁでしょうか(苦笑)。

家計目線で振り返ると・・・

 もともと家計が苦しいので、あまり「遊び」にお金をかけない(かけられない)我が家ではありますが、GWがあったこともあり、意外とお金のかかる場所にいってますね。(特に岩手サファリパークは入園料等に結構なお金がかかるので、あまり子供と気軽にいくスポットとしてはおススメできませぬ。。。)

 でも、妻がいつも「お弁当」や「飲み物」をしっかりと用意してくれているので、食事代等にお金がほとんどかかっていないのが、コスト的にはありがたいですね。

 別記事で「某回転ずし」さんのコスパの良し悪しについて書いてはいるところですが、いくらコスパがいい回転ずしやファミレスでご飯を食べたとしても、家で食べたり、お弁当持参よりはお金がかかってしまいますからね。。。

www.financial-plan.work

 奥様、いつもありがとうございますm(_ _)m

FP的に考えると

 金融庁の「老後資金に2,000万円必要」という提言があったことで、老後に向けた資産運用に対する関心が高まった上半期となりました。

↓↓↓提言の概要についてはこちらの記事をどうぞ。

www.financial-plan.work

 かくゆう私も「自分が理想とする老後の生活」を叶えるため、資産がどの程度必要か、また、そのためにはどのような資金運用計画をたてたら良いか、改めて考える良い機会となりました。

 皆さんもこれを機に、現状の分析等を行ってみてはいかがでしょうか。

 ↓↓↓自己分析等のやり方等は、こちらの記事からどうぞ。

www.financial-plan.work

↓↓↓知識のある人に頼んじゃいたい!!という方はこちらの記事をどうぞ。

www.financial-plan.work

ブロガー的に考えると

 今年の上半期で一番の出来事は、このブログを始めたことでしょうか。

 今年の3月から始めて、更新は毎日とはいかず、記事数もいまだ100記事まで到達していませんが、なんとか約3か月間続けることはできました。

(最近ちょっと更新が面倒になっちゃってたことは、ここだけの秘密ですよw)

 閲覧数等については度外視して、「継続できた」ことは評価したいと思います。

下半期の目標

 上記を踏まえて、カテゴリ別に下半期の目標を下記のとおり設定したいと思います。

子供:子供を叱る前にまずは自分が手本となるような生活を送り、子供の手本となる。

FP:今後の資金運用計画を再計画し、実行する。

ブログ:年内に100記事掲載を達成する。

 上記目標を達成できるよう、日々をコツコツと積み重ねていければと思います。

 

 あなたの下半期の目標はなんですか?

 目標を立てて、お互いに下半期を有意義に過ごせるといいですね。

続きを読む

本当はコスパ良い?悪い?かっぱ寿司の食べ放題をファミリーで利用した場合を検証してみた。

f:id:s56530:20190627135834j:plain

 手軽に、またリーズナブルにお寿司が食べられて人気の回転ずしですが、その中でも老舗の「かっぱ寿司」さんがなんと「食べ放題」をやっている!!ということなので、そのコスパを分析し、FP的に家計に与えるインパクトを考えてみました。

 どうすれば利用できるの?

 かっぱ寿司さんのHP(http://www.kappasushi.jp/tabeho/)を確認したところ、利用に関する条件等は下記のとおりでした!!

1 事前予約

f:id:s56530:20190627135908j:plain

 予約せずに店舗に行っても利用できませんので注意が必要ですね。

 また、ウェブやアプリから予約するためには「かっぱ寿司会員」への登録をしないといけないようですので、予約する場合は登録にかかる時間も考慮しておきましょう。

 2 利用時間・料金

f:id:s56530:20190627135948j:plain

 時間は「1時間」ですね。まぁ、大人が食事するには十分な時間ですが、幼児等を連れて行く場合は、食事に結構な時間がかかるので注意が必要ですね。

 男性・女性の料金が高いかどうかは後程検証するとして、ここで一番重要なのは「小学生未満無料」というところでしょうか。

 食べ放題以外で食べた場合、小学生未満であっても「1皿100円」となるわけですから、ファミリーで行く場合、これはコスパに影響ありそうですね!!

 メニューは全部食べられるの?

 時間や料金はわかったけど、この金額でどのメニューが食べ放題になるのか?…これが重要ですよね。

 レギュラーコースで食べ放題となるメニューについてはかっぱ寿司さんの下記アドレスにメニューがありますのでご確認ください。

 ⇒http://www.kappasushi.jp/tabeho/pdf/new_tabeho_menu_regular.pdf

 5歳と3歳の子を持つ私が食べ放題メニューについて最も気になっていた部分は「サイドメニュー(うどん・フライドポテト)がはいっているか」でした。

 うちの子供は、いや、うちの子ならずとも子供が外食で必ず食べてくれるもの…これって結局「うどん」ですよね。

 例え回転ずし店にいったとしても「何食べる?」と聞けば必ず「うどん」という答えが返ってきますので、これがメニューに入ってない場合、小学生未満無料といえど、結局「うどん」分のお金がかかってしまいます。

ということでメニューを確認してみると・・・

f:id:s56530:20190627140219j:plain

 あったどーーー!!!

 というか、うどんの他にもラーメン・フライドポテトもありますので、子供の分はこれで実質無料で食事が出来そうですね!!

では実際のコスパはどうか?

 私の家の家族構成(小学生未満2名、男性1名、女性1名)で、土日祝日等休みの日に利用する条件で考えると・・・

 

 食べホー利用:1,680円+1,580円=3,260円(税抜き)⇒1人当たり815円

 

 通常利用   100円×28皿(大人2人分)

        +100円×4皿(子供2人分)

        +300円(えび天うどん)×4杯(子供2人分)

        +200円(フライドポテト)×1皿(子供2人分)

        +100円(リンゴジュース)×2杯(子供2人分)

        =4,800円(税抜き)⇒1人当たり1,200円

 

 と、いうことで、小学生未満2名+親2名でかっぱ寿司で食事をする場合は「食べホー」のほうがコスパが良い!!という結果となりました。

 まぁ、上記計算は、あくまで我が家でいった場合を想定して計算していますので、うどんの量が多い感じですが(苦笑)、、、まぁ、子を持つ家庭はみんなこんなものではないでしょうか。(笑)

 そんな訳なので、外食する際は、「かっぱ寿司」さんの「食べホー」を選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか。

(なお、ここまで書いてきておいてあれですが、私は回転ずしチェーンで言えば、「魚べい」が一番好きです。かっぱ寿司さん、すいません。)

続きを読む

5,000人も友達がいたらそりゃ悪いやつもいる…かも!?イリエ式コネクションについて考える

f:id:s56530:20190412224826j:plain

 「一年生になったら友達100人できるかな?」と、考えたことは今まで一度もなかったのだけれど(もともと田舎で育ったので1学年に100人も同級生がいなかったとも思うが)、若くして成功している実業家や、啓発セミナーの講師などは「人脈の重要性」を強調もしくは誇示してくるので、そのことを頭の端に考えなくはないのですが、私は起業家でも経営者でもない、しがない従業員なので、そんな煩わしいものには囚われたくないなぁ~。。。と思って日々生活しています。

 ということで(どういうこと!?)、今回は「人脈」について考えてみたいと思います。

人が1人で把握・管理できる数には限りがあるのでは

 今、巷を賑わせている芸人さんの闇営業問題ですが、あれも結局は「広い人脈」を利用した人材派遣ビジネスになるのかと思います。

 まぁ、今回は付き合う相手を間違ってしまった結果、「得たもの」より「失ったもの」の方が大きい結果になってしまったようですがね。

 というか、私はそもそも人付きあいが得意な方ではなく、プライベートで親交のある知り合いも数えるほどしかいませんので、そのような状況は想像するしか術はないのですが、「(自称の)友達が5,000人」いたとしたら、個々人のことを深くは知りようがない気がします。

 その中に「悪いヤツ」が紛れていたとしても気づかない(気づけない)んじゃないかなぁ、と思ってしまいますね。

反社会勢力はすぐ傍にいる

 警察庁の調べによると、全国の暴力団構成員数は2016年末時点で約18,100人だそうなので、日本の人口に占める割合で考えると

 18,100人 ÷ 120,000,000人 = 0.015%

 つまり、約6,700人に1人暴力団員ということになります。
 また、これには暴力団に属していない、いわゆる「半グレ」集団の構成員は含まれていませんので、「反社会的勢力」の構成員ということで考えるとその数はさらに増えるのではないかと推測されます。

 つまり、単純計算で考えると、5,000人の人が集まった場合、1人はそういった人が含まれている、ということになります。(・・・恐ろしゃ)

付き合う人はよく考えないとダメ

 上記を踏まえた上で「人脈」というものを考えると、「人脈」は確かにビジネスチャンスを生むこともありますが、それ相応の「リスク」も含まれていることになりますので、特に互いの「利益」を求めるための人間関係構築の場面では、相手のことをよく知る(調べる)ことが重要になるのでないでしょうか。

 まぁ、私に関しては、「何もしゃべらなくていいのが一番」と思っている質なので、そういった会に出席することもありませんので、あまり縁のない話ではありますが、皆さんもどんなところでトラブルに巻き込まれるかわかりませんので、人付き合いの場面では、重々お気をつけくださいね。

続きを読む

コンビニのレジ袋も有料化!!家計への影響は?

f:id:s56530:20190322132958j:plain

経済産業省が、2020年4月にもレジ袋有料化に踏み切る方針を示す中、コンビニ大手の「ミニストップ」が、レジ袋の無料配布を中止する実験を始めた。”

 スーパーのレジ袋の有料化はもうしっかり定着したところですが、コンビニも有料化するんですね~。
 私は通勤等に車を利用しているので、車内の燃えるゴミなんかをコンビニでもらったレジ袋にまとめて、また買いものに行ったときにそのコンビニに捨てる・・・のルーティーンを確立していますので、これはちょっと自分の中ではインパクトのある話です。
 とりあえず、どのような経緯でこうなったのか、家計(もしくは自分のお小遣い)に与える影響はどの程度なのか、確認してみました。

なぜ、有料化するのか

 原田義昭環境相は2019年6月3日、省内で記者会見し、小売店などで配られるレジ袋について「無償配布してはならないという法令を速やかに制定したい」と述べ、法律を早期に整備する考えを表明しています。
 スーパーやコンビニエンスストアなどレジ袋を使用する事業者を一律に対象とし、有料化の時期については「できるだけ早く」として、東京五輪を開催する来年夏までに導入へのメドを付けたい意向を示しています。

 環境相・・・つまりは環境問題ということですね。
 レジ袋がプラごみに占める割合は高くはないようですが、海洋汚染が世界的な問題となっているようで(恥ずかしながら私は知りませんでしたが…)、どうやらその対策のようですね。

ビニール袋が原因で海の生物が…

 ビニール袋を食べ物と勘違いして食べてしまった海洋生物は、胃にプラスチックごみが溜まり、満腹になったと思い込んで食欲を失っていき、その結果、消化管が完全にふさがり栄養不足で衰弱し、餌を探せなくなって死に至ってしまう・・・ようです。

 このようなビニール袋による動物の被害を問題視し、対策を急いでいる訳なんですね。
 確かに自分が排出したゴミで生物を傷つけてしまうのであれば、多少不便になっても仕方ないですね。まぁ、スーパーでのレジ袋有料化という土台がありますから、わかってさえいれば、対応はとれますしね。

どの程度家計に影響するか

 今回のミニストップさんの実験では、1枚3円で提供するということですので、平日仕事帰りに毎日コンビニを利用するサラリーマンで、かかる経費を計算してみますと

 就業日244日 × 3円/1日 = 732円/年

 …大した金額じゃないですね。環境に考慮しないで毎回レジ袋もらったとしてもこの金額なので、家計にはあまり影響しませんね。

 有料にすることで自然にやさしい原料を使ったレジ袋を導入することもできるようですので、この程度の負担ならば協力したいですね。

 まぁ、コンビニでそこまで大量の食品等は購入しないでしょうから、そもそももらわなくても持ち運びに不便な状況にはあまりならないでしょうが、これからはコンビニでもエコバッグ(マイバッグ)が必要となる時がありそうですので、皆さんも折り畳んで携帯しやすいエコバッグを追加で買いたしてみてはいかがでしょうか。

 

↓↓↓最近は色んなものにおしゃれな柄や形が増えて、うれしいですよね~。

マーナ Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ M ネイビー

マーナ Shupatto(シュパット) コンパクトバッグ M ネイビー

 
続きを読む

今話題になっている金融庁が公表した「高齢社会における資産形成・管理における提言」をわかりやすく抜粋・解説してみます。(その4(おまけ))

f:id:s56530:20190615210813j:plain
 前回から「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書」について重要点を抜粋して読み解いてきましたが、今回はおまけという事で、報告書に記載のあった「個々人にとっての資産の形成・管理での心構え」を抜粋して掲載したいと思います。

 ↓↓↓前回の記事はこちら

www.financial-plan.work

個々人にとっての資産の形成・管理での心構え

 長寿化が進む中、資産形成・管理において、資産寿命を延ばす観点から、広く国民が知っておくことが望ましい事項があると考えられる。人生のステージに応じて整理すると以下のような点が考えられる。

現役期

 長寿化に対応し、長期・積立・分散投資など、少額からでも資産形成の行動を起こす時期であり、例えば、以下のような対応が有効と考えられる。

・「人生 100 年時代」においてこれまでよりも長く生きる人が多いことを前提に、老後の生活も満足できるものとなるよう、早い時期からの資産形成の有効性を認識する。

・生活資金やいざというときに備えた資金については元本の保証されている預貯金等により確保しつつ、将来に向けて少額からでも長期・積立・分散投資による資産形成を行う。

・自らにふさわしいライフプラン・マネープランを検討する(必要に応じ、信頼できるアドバイザー等を見つけて相談する)。

・金融サービス提供者が顧客側の利益を重視しているかという観点から、長期的に取引できる提供者を選ぶ。

リタイヤ期前後

 リタイヤ期以降の人生も長期化していることに対応し、金融資産の目減りの抑制や計画的な資産の取崩しに向けて行動する時期である。人によって、退職金などの多額のお金が入ったり、働き方に変化が生じることが想定されるため、これらを受けた対応が必要と考えられる。

・退職金がある場合、早期の情報収集と使途の検討及び退職金を踏まえたライフプラン・マネープランを再検討する。

・必要に応じ、収支の改善策を実行する。

・長い人生を見据えた、中長期的な資産運用の継続(長期・積立・分散投資等)とその後の計画的な取崩しを実行する。

高齢期

 資産の計画的な取崩しを実行するとともに、認知・判断能力の低下や喪失に備えて行動する時期であり、心身の衰えに関わらず金融サービスを引き続き享受するために、事前の準備や対応が必要と考えられる。

・心身の衰えを見据えてマネープランを見直す(医療費、老人ホーム入居費等)。

・認知・判断能力の低下や喪失に備え、取引関係の簡素化など心身の衰えに応じた対応をしやすくする。また、金融面の本人意思を明確にしておき、自ら行動できなくなったとしても、他者のサポートにより、これまでと同様の金融サービスを利用しやすくしておく。


 ・・・いかがでしょうか。参考になりましたか?これを機に一度自分が置かれている時期の提案について、みなさんも検討してみてはいかがでしょうか。
 私も「後悔しない老後」を目指して、一度現状の分析や望む老後の生活について家族と話し合ってみたいと思います。

↓↓↓資産形成に関する関連記事はこちら

www.financial-plan.work

www.financial-plan.work

www.financial-plan.work

続きを読む