Financial Plans in your life.

‐ 30代・40代のための資産運用やら生活に関するアレコレ -

市販の薬で医療費控除!?セルフメディケーション税制を活用しよう!!

f:id:s56530:20190421235528j:plain

 高齢者の増加とともに今後も増加が見込まれている医療費ですが、その抑制対策として導入された新しい税制を知っていましたか?

 今回は「セルフメディケーション税制」について紹介します。

セルフメディケーション税制とは?

 今までは自ら気を使い健康な状態を維持している人については健康保険の保険料を支払うだけで特に何の恩恵も受けられなかった(=結果的に払い損みたいな感じになってた)わけですが、この制度の導入により、市販の医薬品を購入し自ら疾患の治癒を行った(セルフメディケーションした)場合に、その購入資金を所得税申告の際に所得額から控除できるようになりました。

対象となる人は?

 「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」として、健康診断などを受けている人で、セルフメディケーション税制の対象市販薬を年間1万2000円を超えて購入した場合に所得控除を受けることができます。なお、控除の対象となるのは、1万2000円を超えた部分の金額で、上限金額は8万8000円となっています。

 ちなみに対象の医薬品は厚生労働省のホームページで公開されています。

www.mhlw.go.jp

 私が愛飲している頭痛薬「イブクイック」も対象になっています(笑

(痛みにめっちゃ早くきいてくれるので、重宝しています!!)

 片頭痛持ちには大変ありがたいですね。私も頻繁に購入(つまり、頻繁に飲んじゃってるということですが…)しているので、あっという間に1万2000円分は購入しちゃってます(汗

 ほかにも花粉症の方の必需品である「アレジオン」等アレルギー性鼻炎薬も対象となっています。(ちなみにこれも愛飲しています。1日1回でいいのですごい楽です。)

【第2類医薬品】アレジオン20 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
 

 病院にかかって薬を処方してもらうことより市販薬を購入して飲むことのほうが皆さんも多いと思います。

 そういう意味でこの制度はとても使いやすい(対象になりやすい)ものだと思いますので、みなさんもぜひ該当になるか確認してみてくださいね。

 詳しい制度については下記ホームページにまとまってあります。

 どのぐらいの節税効果があるのかも簡易的にシミュレーションすることができますので、市販薬をよく購入している方については、一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

www.jfsmi.jp

 制度を上手く利用して健康の維持・資産の保持を行いましょう!!

 ↓↓↓国の医療制度に関して関心がある方はよろしければこちらもご覧ください。

www.financial-plan.work