Financial Plans in your life.

‐ 30代・40代のための資産運用やら生活に関するアレコレ -

母の日の結果報告

f:id:s56530:20190515100104j:plain
今週のお題「お母さん、ありがとう」

 前回の記事で書かせていただいたとおり、今年の母の日は、上の子の直筆による初めての手紙プレゼントを贈りました。

前回の記事はこちら↓↓↓

www.financial-plan.work

 当日は、息子とともに、私の実母と妻へのプレゼントを買いに田舎のオアシスである“イオン”へゴー(笑)。

 みんなの都合上、ウチでは5月11日(土)にお祝いすることになっていたので、その当日にプレゼントを買いに行った訳なのですが、イオン店内どこもかしこも“母の日”“Mother’s day”の文字で溢れていました。

 プレゼントはケーキと花にしましょう、ということで、カーネーションなど母の日プレゼント用の花の特設販売コーナーへ。

 もともと「お花が好き」という少し少女趣味(?)の我が息子はいっぱいの花にテンションアゲアゲで

「これはばぁばので~、こっちはママので~、で、これが僕の」

 と、あわよくば自分の分も買おうという(笑)。

 小悪魔OLが上司におねだりするかのごとく自然に自分の分も買おうとするのを華麗にスルーし、実母には“アジサイの鉢植え”を、妻には”カーネーション”を買いました。

「ママは黄色が好きだから黄色いのにする」

 と息子がいうので、上の子があげる分と、下の子があげる分で、“黄色”と“ピンク”のものを購入しました。

 ちなみに、妻は別に黄色が好きという訳ではないのですが、息子の中ではそういう認識のようです。きっと何か話の流れで妻が黄色を選んだことを憶えているのでしょうね。

 子供って不思議です。

 さて、その夜、妻は仕事+買い出しで遅くなるとのことで、待っている間に手紙の作成へ。

 最近は毎日(疲れて集中力がないときなどはやりませんが)、ジャポ〇カではない比較的安価な学習帳でひらがなの書き取りをしていた息子、鼻息をあらくしながら覚えたての文字を手紙に書くのか…とおもいきや何やら折り紙を折っている様子。

 それ、何なん?と尋ねたところ、

「お手紙は封筒に入っているものでしょ、だから作ってるの」

とのこと。我が子ながらDIY精神が豊富ですね(笑)。

 大人だったら買ってくるか、ありものの封筒を使うところですが、さすが工作好き(でも面倒臭がりなので完成は雑)といったとこでしょうか。

その後、封筒は無事(大人のモノサシで完成度を考えてはいけません(笑))完成し、手紙の作成へ。

「お手紙でままにありがとう、ってお話する(書く)」

とのことだったので、一度学習帳に練習した後、勢いよく手紙へ書き連ねました!!

 それが一番上の写真です。(白く消したところには息子の名前が書いてありました)

ちょっと勢い余って最後の2文字が小さくなってしまいましたが、性格を表してるっぽくて逆にいい感じです(笑)。

 

「母の日、ばぁばにプレゼント買わなきゃとは思ってたけど、自分も母だったってこと忘れてたわ」

と、完成した手紙と花をプレゼントされた妻は驚いていましたが、

「これ、全部、僕がかいたんだよ」

と渡された手紙の中身をみて妻は2度目のびっくり&大喜び!!

 妻の瞳からは涙がぽろぽろと流れていました。

…いやぁ~、子供の成長が形となってわかるとやはり親としては感動せざるを得ないですよね(嬉泣)

 とまぁ、そんなこんなで無事、母の日はうれしい感じで締めくくられたので、家族っていいなぁ~とか父親としては考えていたのですが、と同時に

「父の日も同じようなエネルギーで息子は取り組んでくれるだろうか…」

と、少し心配にもなった父だったのでした(笑)。